静寂の中、存在感を放つ家

 

歴史ある神社への参道のたもと、緑深く静かな場所に家を建てることにしたMさま。こだわられたのは、「家らしく見えないこと」だった。

そこで敷地の細長さを活かし、18mもの庇とテラスで横のラインを強調して存在感あるファサードを実現。

Mさまの愛車のショールームのような佇まいとした。

室内は、スキップフロアのある立体的な設計、グレー×白の色使いでモダンアートのような空間に。道行く人、来訪する人を驚かせ、目を楽しませる住まいをデザインした。

 

 

■手すりと切り離した片持ち階段。宙に浮いたような美しいシルエットにこだわった

■ディーラーのショールームをイメージした照明計画

■ガレージの入り口から住まいの端まで18m。迫力すら感じる奥行き

《受賞》
第35回 NICHIHA SIDING AWARD 2018
GOLD賞

《気密測定数値》

​ C値=0.64/ウレタン断熱

RIPARO WORKS