lucky bag house   

 

30坪弱の土地に建てる家に、どれだけ楽しさを詰め込むことができるか。そんな相談をしてこられたのが、Mさまご夫妻だった。

ビルトインガレージ、明るく広いLDK、和室、ロフト…これらを実現するために敷地を立体的にとらえて設計。中2階をつくることで希望の部屋数や要素を盛り込み、スキップフロアで空間にリズムをもたせた。床面積を削って中庭をつくり、開放的に暮らせる明るさも確保している。

ご家族の「快適で楽しい暮らし」をデザインすることができた。

 

 

■黒い外壁の奥に白い外壁を組み合わせ、実際よりも外観が大きく見えるように

■アイアンのスケルトン階段の途中、朱のクロス部分が和室。見ても楽しいデザインの家

■和室からキッチンまでひとつながりの、広々とした空間だ

《気密測定数値》

​ C値=0.7/ウレタン断熱

RIPARO WORKS