無駄を削いだ家

 

Mさまご夫妻からの「シンプルな感じの家に」というオーダーを受けてご提案したのは、無駄な装飾を削ぎ落したモダンなデザイン。

白いキューブを組み合わせたシンプルな形状の外観には、1箇所だけ杉板模様のコンクリートで変化をつけた。

室内は、リビングの天井を上げ、LDの境を吹抜けにして開放感を演出。無垢のオーク材と漆喰がベースの内装は、照明器具すら目につかないように設計。

ナチュラルながら、生活を感じさせることのないすっきりとした空間とした。

 

■リビングの天井高は2950㎜。吹抜けを通して2階の窓から光が届く

■照明器具やレンジフードまで見せない工夫を施し、すっきりと仕上げたキッチン

■吹抜けに渡した階段を上がると、スキップフロアのモダンな和室

RIPARO WORKS