キッチンで「魅せる」家

 

上質な素材、設備、インテリアをセレクトし、「見せる」ことにこだわったOさま邸。特に、料理が好きなご主人の城ともいえるキッチンを主役として、プランニングを進めた。

位置は、大きな掃き出し窓に面した住まいの中心。

木目×黒で、背面収納やダイニングとトータルでコーディネート。下がり天井の間接照明やペンダントライトでライトアップし、さながらステージのような雰囲気とした。

空間、料理の腕前、味わいで「魅せる」、そんな時間を楽しんでいただいている。

 

 

■フィリップスタルクのチェア、フロスのライトなど、細部にまでこだわったインテリア

■落ち着きのある和室は、書道をたしなむ奥さまのご要望で実現     

■凹凸のあるタイルに光が陰影をつくる、美しいしつらえの玄関に

《気密測定数値》

​ C値=0.46/外張断熱

RIPARO WORKS