RIPARO TECHNOLOGY

性能・品質

永く安心して暮らすために

耐震性能I(高耐震部材)
部材の「強さ」を徹底検証。あらゆる角度から耐震性を高めます。
耐震性能II(耐震・耐風構造設計)
必要な箇所に必要な強度を。一邸ごとに最適な壁量と耐力壁配置を行います。
耐久性能(耐候・防水・防蟻)
美しい住まいを保ち続けるために、業界最高レベルの高耐久素材を厳選しました。
耐火性能
高性能な耐火素材が、万一のもらい火や内部出火の拡大を防ぎます。
防犯性能
狙われにくい、侵入しにくい、最適な設備で大切な家族や財産を守ります。
もっと見る

耐震性能I(高耐震部材)

リパーロは、耐震性に優れた多種多様な部材を適材適所に配置することで、柔軟に耐震強度を高めることが可能です。また、敷地ごとに地盤を調査し、最適な基礎づくりを行っています。

パワーの結晶、エンジニアリングウッド。

安定した品質のエンジニアリングウッド(構造用集成材)を 使用しています

エンジニアリングウッドは、無垢材の不均一性からくる経年変化(割れ、ねじれ等)を抑えるため、欠点部位を取り除いた後、厚さ20mm~40mmのラミナにし、強力な接着剤で積層した構造用集成材です。その特徴として、①天然木材と比較して強度に優れている②強度のバラツキがなく信頼性が高い③含水率が管理しやすいので(15%以下)、反り・割れ・縮みが生じにくく品質が安定している④加工性が良く様々な形状にできるので、自由度の高いプランニングが可能、などが挙げられます。

有害物質(ホルムアルデヒド)を含まない安全な接着剤を使用しています

現在、エンジニアリングウッドに使用されている水性高分子イソシアネート系接着剤はホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆の認定品です。また、JAS規定の耐水試験(浸漬剥離試験、煮沸剥離試験、減圧加圧試験)をクリアし、高い耐久接着性能を有しています。

外力を「面」でしっかり受け止める、耐力面材。

壁面には、阪神・淡路大震災と同じ震度7にも耐える耐力面材「リパーロボード」を採用しています。力を面全体で受け止め分散させることで、変形や崩壊を防ぎ、万一の災害にも優れた強度を発揮します。

独立行政法人防災科学技術研究所において、実物大の家屋を使った振動実験を実施。実験では、「筋交い工法」と「耐力面材」を施工した家屋に、阪神・淡路大震災と同じ振動を与えました。その結果、「耐力面材」は震度7という極大地震の強い揺れにも倒壊せず、実際の住宅に施工した場合にも、優れた耐震性を発揮することが証明されました。

壁の強度は壁倍率で示されますが、強度の高い耐力壁を使えば耐震強度が高まるというわけではなく、それらをバランス良く配置することが重要です。リパーロでは、多彩な強度の耐力壁を使い分け、適材適所に配置することで、デザイン性を損なうことなく耐震強度を高めることが可能です。さらにプランによっては、部分的に鉄骨を使用するなど、素材にとらわれない柔軟な対応を行っています。

最適な強度の耐力壁を使用。自由設計という利点を生かして、柔軟に耐震強度を高めます。

最高強度のベタ基礎を使用。大手鉄骨系住宅同等の強度で、建物の安定性を高めます。

建物の底部全面を板状の鉄筋コンクリートで支える「ベタ基礎」は、家の荷重を底面全体で受け止め、地盤やスラブに荷重を分散させます。その結果、建物を「線」で支える一般的な布基礎に比べ一部が沈んだり、傾いたりしにくく、不同沈下や液状化を起こしやすい土地でも被害を軽減する効果を期待できます。また、地面をコンクリートで覆うので、地面からの水蒸気や白蟻の侵入を防ぎます。

リパーロでは

敷地ごとに地盤調査・液状化判定を行い、強固な基礎を実現しています。

地盤調査、液状化判定を行っています。

建築トラブルの半数以上が地盤によるものと言われています。建物の耐震性がいくら高くても、基礎がいくら強固なものでも、地盤が弱いと不同沈下を起こし、家が傾いてしまいます。このようなトラブルを防ぐため、建築にとりかかる前にすべての敷地において地盤調査・液状化判定を行います。スウェーデン式サウンディング法による綿密な地盤調査により、その地盤にどれだけの地盤支持力があるのかを分析します。さらに、地盤調査の試験結果と地下水位の状況を基に、液状化の可能性を判定します。これらの結果に基づいて、一邸ごとに最適な基礎づくりを行います。

敷地に合わせて最適な地盤補強を行います。

地盤調査の結果、「敷地が軟弱地盤である」「液状化の可能性がある」と判断される場合は、地盤の性質に合わせて最適な方法で補強工事を行います。

 

耐震性能II(耐震・耐風構造設計)

耐震強度を維持するには、素材強度の確保はもちろんのこと、建物全体にかかる力のバランスをとることが大切です。建物を面全体で支える「軸組+パネル」構造のリパーロは、必要な箇所に必要な強度の耐力壁をバランス良く配置する耐震・耐風構造設計で、地震と台風に強い住まいを実現します。

壁・床・屋根の「面」を一体化した立方体で支える、強固な「軸組+パネル」構造。

リパーロは、柱や梁による軸組の強度だけでなく、耐力壁・剛床・耐力屋根といった「面」の強化も追求。壁・床・屋根の面を一体化し強固な立方体を形成することで、強い剛性を発揮する構造となっています。地震や台風などの外力は、床から壁へと伝達。その力を変形しにくい「面」による立方体でしっかりと受け止めることで、優れた耐震性・耐風性を実現しました。

耐力壁をバランスよく配置して、耐震・耐風強度を高めます。

耐力壁は家を支える上で重要な役割を担う面材であり、その強さを「壁倍率」といいます。また、建物の重さの中心(重心)と強さの中心(剛心)のズレの程度を「偏心率」といい、数値が小さいほど建物全体にかかる力のバランスが良い構造といえます。逆に偏心率が大きいと力のバランスが悪い構造となり、地震や台風で水平方向の力が加わるとねじれが生じやすく、倒壊の可能性も高まります。

リパーロでは

「耐震」+「制震」でさらに安全性を高めます。

 

耐久性能(耐候・防水・防蟻)

経年変化による建物の劣化や、風雨・白蟻などの外的要因から住まいを守るため、外装・屋根・構造体の全てにおいて業界最高レベルの高耐久素材を採用。耐久性に優れた美しい住まいを提案します。

耐候性に優れた外壁タイル・外壁サイディング。

高耐候性・防汚性に優れた外壁タイル

一般的に外壁は紫外線による色褪せやひび割れ、剥離などの劣化を起こしますが、無機質素材の外壁タイルは紫外線や暑さ、寒さなどの厳しい自然条件にも耐え得る強さを発揮します。また、タイル表面の親水効果により、汚れが付きにくく付着した汚れも雨が降ると雨水で洗い流されるため(セルフクリーニング機能)、外壁はいつまでも美しい状態を維持。塗り替えの必要もないのでメンテナンス費を抑えることができます。

超高耐候塗料の外壁サイディング

超高耐候塗料を使用した外壁サイディングは、紫外線に強い特性を持っており、年月が経っても変褪色が目立ちにくく長期間美しさを維持します。一般的には10年~15年ごとに再塗装工事が必要ですが、超高耐候塗料の外壁サイディングならメンテナンス期間を大幅に延ばすことが可能となり、ランニングコストを抑えることができます。

耐候性に優れた外壁タイル・外壁サイディング。

メンテナンスフリーの高耐久陶器瓦

陶器瓦は自然素材である粘土と釉薬を高温(1,130℃)で焼き締め、表面がガラス質の皮膜で覆われた陶器質の屋根材です。変色や変質を起こしにくく、時間が経過しても美しい外観を保つことができ、他の屋根材のように塗り替えなどのメンテナンスも必要ありません。高耐久で経済的な屋根材です。

耐汚染性仕様で美観を維持するガルバリウム鋼板

デザイン性が高くスタイリッシュな外観を実現するガルバリウム鋼板。アルミニウムの特徴である耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性と、亜鉛の特徴である犠牲防食作用により、優れた耐久性を発揮します。さらに表面には塗装処理を施しており、排気ガスや粉塵など汚染物質の付着を防ぎます。

構造体を腐食から守る吸放湿性の高い耐力面材。

吸放湿性の高い耐力面材「リパーロボード」は、壁内の余分な湿気を放出することで結露などによる構造体の腐食を防ぎます。また、無機質素材で構成されているため、面材自体の湿気による劣化はほとんど起こりません。さらに、一般的な合板面材は腐朽や白蟻被害を防ぐために、土台から1mまでの範囲に防蟻処理が必要であるのに対し、「リパーロボード」は白蟻の好む成分を含んでいないため防蟻処理は不要です。

白蟻を防ぐ檜の無垢材。

リパーロは、土台に4寸角の檜の無垢材を使用しています。檜は、白蟻を寄せつけないヒノキチオールという成分を含んでおり、防蟻処理を施さずに土台への使用を認可された唯一の木材です。

防蟻処理済の断熱材と、効力の高い防蟻剤で白蟻を二重ブロック。

リパーロでは、防蟻性能が半永久的に持続する防蟻処理済の基礎外断熱材「パフォームガード」で外部からの白蟻の侵入を防ぐとともに、土台まわりの構造体には防蟻処理を施工しています。さらに、基礎直下の土壌にも防蟻土壌処理を施しており、二重・三重の防蟻処理を施しています。防蟻防腐剤は、白蟻に対しては大きな殺蟻力を持ちますが人体に対しては低毒性で安全性が高く、厚生労働省が室内濃度指針値を設定したフェノブカルブ、トルエン、キシレンなどの13の化学物質を一切含んでいません。

 

耐火性能

隣接して建てられていることが多い日本の住宅には、万一のもらい火や内部出火の拡大を防ぐ対策が必要です。リパーロは、耐火性に優れた外壁材や石膏ボードなどで延焼を防ぎ、火災から家族の大切な命を守ります。

外壁、軒天、屋根が熱や炎を遮断します。

火災の延焼を防ぐポイントは、外壁、軒天、屋根にあります。リパーロは、耐火性に優れた外壁材で火熱を遮断。また、軒天には準耐火構造・防火構造の軒天ボードを隙間なく貼り詰め、さらに屋根には不燃材を用いることで飛び火の侵入を防ぎます。

優れた耐火性能を発揮する外壁タイル・窯業系外壁サイディング。

リパーロの外壁材であるタイルや窯業系サイディングは火災に強い防火外壁材で、「住宅性能表示制度」の火災時の安全に関する評価項目において、最高等級である等級4、または等級3を取得することも可能です。

木は燃えても急激に強度が落ちません。

木は熱されると、表面が黒く焼けて炭化層を形成します。炭化層ができると内部への酸素の供給が断たれるため、断面の大きな木材の場合、中心部まではなかなか燃え進みません。材料の加熱実験の結果、加熱から10分後、鉄は熱を浴びて変形し強度が2割に落ち込むのに対し、木は約8割の強度を保つことが実証されています。このように、木は高熱による強度の低下が少ない性質を持った素材です。

有毒ガスや黒煙の発生が少ない断熱材 「セキスイ フェノバボード」

セキスイ フェノバボードは、燃焼しても表面が炭化するだけで、火炎が燃え広がりにくい性質を持っています。また、有毒ガスや一酸化炭素、二酸化炭素の発生量がとても少なく安全性の高い断熱材です。

燃えにくい無機質素材の構造用面材 「リパーロボード」

リパーロボードの原料は無機質素材のため優れた防耐火性能を備え、準不燃材料に認定されています。強力な炎を直接吹き付ける防耐火性能試験では、他の耐力面材に比べて火に強い性能を証明しました。

水蒸気を放出して、延焼を抑止する 「石膏ボード」

リパーロの各居室は、壁や天井に石膏ボードを張り巡らした構造となっています。石膏ボードは内部に約21%の結晶水が含まれており、炎があたると熱分解を起こして約20分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。この働きにより、火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に到達する時間を遅らせることができます。結果、出火部屋から隣接部屋への延焼を長時間防ぎ、被害を最小限に抑えます。

火の進行を遅らすファイヤーストップ構造※。※省令準耐火構造の場合

火の通り道となる床や壁の内側において、枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。また、床や梁、柱などが一定間隔で組まれている内部構造は、防火区画がいくつもあるのと同じ状態であり、火の進行はさらに遅くなります。このように二重・三重の防火機能を持つファイヤーストップ構造によって、火災時の被害を最小限に抑えます。

 

防犯性能

泥棒の侵入を防ぐには「狙われにくい家」「簡単に侵入できない家」にすることが大切です。
リパーロは侵入被害の発生状況を徹底的に分析し、犯罪を未然に防ぐ防犯住宅を実現しました。
「官民合同会議仕様※」に対応した確かな防犯システムで、家族の安全を守ります。

リパーロ防犯システム(官民合同会議仕様適用)

錠破り対策(窓サッシ)

●2ロック+戸先錠+ダイヤル錠付クレセント
「空かけ防止機能付クレセント」と「ワンタッチ式サブロック」で侵入を手間取らせます。さらにサッシの戸先側にロックができる「戸先錠」、解錠が困難な「ダイヤル錠付クレセント」もご用意しています。

錠破り対策(玄関ドア)

120億通り以上もの鍵違いを生み、ピッキング対策に有効な「シリンダー錠」や、玄関に穴を開けて内側のドアロック用つまみを回される心配がない、取り外し可能な「防犯サムターン」などでドアからの侵入を防ぎます。また、玄関横のスイッチに触れるだけで施錠・解錠できる「スマートキー」は、カバンやポケットから鍵を取り出す必要がなく便利です。

ガラス破り対策

●防犯合わせ複合ガラス
叩き割ろうとしても数回の打撃程度では貫通させることが難しい、中間膜入りペアガラスを採用。特に狙われやすい窓からの侵入に対する防犯性能を強化しました。万一割れても飛び散らないので、破片によるケガの心配もありません。(居室窓、勝手口ドア、玄関ドアに設定可能)

窓からの侵入対策

●シャッター/小窓用格子
泥棒の侵入経路で最も多い窓にシャッターや小窓用面格子を採用。人目につきにくく、侵入者に狙われやすい窓部も安心です。

窓からの侵入対策

●シャッター/小窓用格子
泥棒の侵入経路で最も多い窓にシャッターや小窓用面格子を採用。人目につきにくく、侵入者に狙われやすい窓部も安心です。

※官民合同会議仕様
警察庁・国土交通省・経済産業省および民間団体で構成される「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」によって定められた「建物部品の防犯性能の試験に関する規則」に則り実施された試験に合格し、その結果、「防犯性能の高い建物部品目録」に含まれるとして認定されたもの。

セコム・ホームセキュリティシステム

4時間365日、住まいの異常をセンサーでキャッチ。非常事態にはオンラインネットワークが迅速に対応し、必要に応じて110番、119番へ通報します。

 

①防犯サービス/侵入者を通報する。
②火災監視サービス
③非常通報サービス
④ガス漏れ監視サービス/煙やガスを感知する。
⑤救急通報サービス(マイドクター)

※警備業法に基づき、サービスに対応していないエリアもございます。
※お客様とセコム(株)間のご契約となります。

 
デザイン住宅,木造住宅,注文住宅,展示場,兵庫,西宮,神戸,加古川,リブライフ,リパーロ
兵庫県(西宮・神戸・明石・加古川・姫路)を中心に、
セキスイハイム山陽グループが創る外張断熱工法の木造デザイン住宅「リパーロ」。
建築家による卓越したデザインと設計力で、お客様のライフスタイルに合わせた住まいをご提案します。
株式会社リブライフ 神戸本社
神戸市中央区東川崎町1-2-2 HDC神戸3階
 
株式会社リブライフ 本店
兵庫県姫路市岡田723番地1(セキスイハイム山陽株式会社本社ビル内)TEL.079-299-6678(代)
宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(3)第7662号 建設業許可 兵庫県知事許可(特-1)第461290号 (一社)兵庫県宅地建物取引業協会会員
Copyright(c)Live Life Co.,Ltd. All Rights Reserved.