RIPARO TECHNOLOGY

性能・品質

経済的に暮らすために

温熱環境
断熱材が途切れない外張断熱工法は、快適な温熱環境を維持できる唯一の工法です。
高性能部材
温度を逃さない高性能部材で家全体を包み込みました。
もっと見る

温熱環境

断熱性と気密性を高めたリパーロ独自の外張断熱工法。壁・屋根・基礎の全ての面に最高レベルの断熱施工を行うことで、外気の影響を最小限に抑え、家中どこにいても快適な「温熱環境のバリアフリー」を実現しました。

断熱欠損をなくすことで、「引き算」が「足し算」に。外張断熱工法が快適な温熱環境を実現します。

一般的な木造住宅や鉄骨系住宅にみられる「充填断熱工法」では、柱や梁などの構造体の間に断熱材を充填するため、断熱欠損が生じ、そこから熱(冷気)が建物内外に出入りする、いわゆるヒートブリッジ(コールドブリッジ)現象が起こります。特に、熱伝導率の高い鉄骨系住宅においては、構造体を通して夏の熱や冬の冷気が室内に伝わりやすいため、結果的に冷暖房費がかさみます。このように充填断熱工法の場合、断熱欠損部となる構造体は、住まいの断熱性を高める上でマイナス要素となります。
一方リパーロは、断熱欠損が一切生じない「外張断熱工法」を採用。構造体を外側から隙間なく断熱材で包み込むため、構造体の温度は限りなく室内温度に近い状態となり、ヒートブリッジ(コールドブリッジ)現象は全く起こりません。さらに、構造材に断熱性能を持つ木材を使用するため、構造体そのものが住まいの断熱性を高める上でプラス要素となり、結果、一年中快適な温熱環境を冷暖房に頼りすぎることなく実現できます。

屋根外張断熱で小屋裏の温度上昇を抑えます。

夏期、日射を受けた屋根の表面温度は60℃もの高温になり、その熱が屋根・天井を伝って室内に入り込んできます。充填断熱工法によって気密化された住宅が夏に暑い理由は、断熱材が屋根部ではなく天井部にあるため、屋根材の熱が小屋裏に直接伝わり、熱ごもりしてしまうからです。一方、リパーロは高性能板状断熱材で外側からすっぽり覆う「屋根外張断熱」によって屋根からの熱を遮断し、小屋裏の温度上昇を抑えます。その結果、家全体が快適な室内温度を維持することで、熱ごもりしやすい小屋裏ロフトも生活空間として活用することができます。

基礎外断熱で床下からの底冷えを抑えます。

一般的な基礎の場合、換気口や通気パッキンから床下空間に冷気が絶えず侵入します。充填断熱工法の住宅が冬に寒い理由は、床下に侵入した冷気が床板の継ぎ目や隙間から室内に入り込み、床温度を下げてしまうからです。一方、「基礎外断熱」のリパーロは、基礎・床・壁に渡って途切れない断熱材により、床下への冷気の侵入を防ぎます。外気の影響を受けない床下空間は常に安定した温熱環境となっているので、床下から室内への冷気の影響もなく、冬場の底冷えを抑えることができます。

リパーロでは

大地の恵み「地熱」を味方に、夏涼しく冬暖かい床下プランが可能です。

井戸水が夏冷たく、冬暖かいと感じるのは、地中の温度が年間を通して安定しているからです(地中5m潜ったところの温度は年中15~18℃)。地熱利用が有効なベタ基礎は、夏の温熱を冬に、冬の冷熱を夏に有効利用することができます。リパーロの場合、「基礎外断熱」を用いることで、本来底冷えのする床下空間も“室内”としてプランニングできるため、1階フロアからステップダウンさせて地面と同じラインに設けたトイレも、夏涼しく冬暖かい空間として使用することができます。

 

高性能部材

「温度を逃がさないこと」「熱を伝えないこと」、これが快適空間実現の絶対条件です。リパーロは建物全体を高性能の板状断熱材で包み込み、さらに熱の出入りが多い開口部には国内最高レベルの断熱性能を誇る高断熱樹脂サッシ&Low-Eアルゴンガス入り複層ガラスを採用しています。

外張断熱工法を最大限に生かす、業界最高水準の高性能断熱材。

リパーロでは、断熱材に業界最高水準の断熱性能を誇る「高性能フェノールフォーム断熱材」を採用しています。一般的な外張断熱工法の住宅に使用されている板状断熱材は熱伝導率が0.024~0.028W/m・Kであるのに対し、リパーロの断熱材の熱伝導率は0.019W/m・K。最大で1.5倍もの高い断熱性能を発揮します。その高性能断熱材を壁・屋根に45mmの厚みで使用。リパーロは、住まいの断熱性能を評価する「住宅性能表示制度」の「断熱等性能等級」において最高等級を取得しています。

ガスバリア性の極めて高い気泡膜が、断熱性能を長期間維持します。

外張断熱工法に用いられる板状断熱材は、独立気泡の中に高断熱性発泡ガスを保持することで高い断熱性能を発揮します。「高性能フェノールフォーム断熱材」は、一般的な板状断熱材と比べて気泡膜のガスバリア性が極めて高く、気泡内の高断熱性発泡ガスが長期間抜けにくい特性を持っているため、断熱性能が低下しにくく、快適な住み心地が持続します。

国内最高レベルの断熱性を実現する、高断熱樹脂サッシ&Low-Eアルゴンガス入り複層ガラス。

住まいへの熱の流出入が一番大きい「窓」。そこで、リパーロは窓の断熱性を強化しました。窓のフレームには、熱が伝わりにくい樹脂サッシを採用。樹脂の熱伝導率はアルミの約1,000分の1と低いため、外気温の影響を受けにくく、カビ・ダニの原因になる結露も抑制します。また、窓ガラスはLow-E複層ガラスに気体の断熱材とも言われるアルゴンガス(熱伝導率は空気の約3分の2)を注入した仕様で、国内最高レベルの断熱性を実現。冬の冷気や夏の熱線を遮断し、快適な空間を生み出します。

 
デザイン住宅,木造住宅,注文住宅,展示場,兵庫,西宮,神戸,加古川,リブライフ,リパーロ
兵庫県(西宮・神戸・明石・加古川・姫路)を中心に、
セキスイハイム山陽グループが創る外張断熱工法の木造デザイン住宅「リパーロ」。
建築家による卓越したデザインと設計力で、お客様のライフスタイルに合わせた住まいをご提案します。
株式会社リブライフ 神戸本社
神戸市中央区東川崎町1-2-2 HDC神戸3階
 
株式会社リブライフ 本店
兵庫県姫路市岡田723番地1(セキスイハイム山陽株式会社本社ビル内)TEL.079-299-6678(代)
宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(3)第7662号 建設業許可 兵庫県知事許可(特-1)第461290号 (一社)兵庫県宅地建物取引業協会会員
Copyright(c)Live Life Co.,Ltd. All Rights Reserved.