兵庫県(西宮・神戸・明石・加古川・姫路)を中心に、セキスイハイム山陽グループが創る外張断熱工法の木造デザイン住宅「リパーロ」。建築家による卓越したデザインと設計力で、お客様のライフスタイルに合わせた住まいをご提案します。

ホーム > 性能と品質 > 断熱・気密と換気

健康的に暮らすために

断熱・気密と換気

居室空間を快適にするためには高い断熱・気密性能と換気設計が重要です。

室内の空気環境を快適に保つためには、熱を逃がさない断熱性と、隙間風を侵入させない気密性に優れた住まいであることが必要不可欠です。リパーロは、改正省エネ法(平成25年基準)にいち早く対応した高断熱性能と、業界トップクラスの高気密性能により最高級の住み心地を実現しました。

新たな断熱基準(平成25年基準)でも、リパーロは標準仕様で「UA値=0.50W/m2K」を達成。
寒冷地である東北北部の断熱基準をクリアしています。※国交省省エネ基準判定モデルプラン、開口率26.8%、120.07㎡の場合

平成25年の省エネ基準の改正により地域区分の変更や断熱基準の見直しが行われ、従来使用されていたQ値(熱損失係数)に代わる新たな断熱性能の指標として、建物の大きさや形の影響を受けにくいU値(外皮平均熱貫流率)が導入されました。U値は家全体からの熱の逃げやすさを表す指標で、数値が小さいほど高断熱住宅であると言えます。外張断熱工法のリパーロは、寒冷地である東北北部(青森・岩手・秋田)の基準値を上回る高い断熱性能「UA値=0.50W/㎡K」を標準仕様で実現しました。

◎お客様のご希望により、1・2地域に対応するW断熱仕様にグレードアップすることも可能です。

隙間風の侵入を防ぐ高気密性能が計画換気を有効に機能させます。

快適な室内空気環境を実現するためには、隙間風や漏気による不安定な空気の流れを抑え、計画的に空気の流れと量をコントロールすることが必要不可欠です。私たちの住む地域に必要な気密性「C値=5.0cm2/m2」程度だと、給気口から計画通りに取り込める外気の給気量は全体の20%を下回り、残りの80%以上は隙間風として室内に侵入します。また、大手プレハブ住宅が施工する充填断熱工法の場合は、寒冷地域に必要な気密性「C値=2.0cm2/m2」程度は満たすものの、計画通りに取り込める外気の給気量は全体の35%以下にすぎません。「C値=0.6cm2/m2」の高い気密性を誇るリパーロは、空気循環の妨げとなる隙間風の侵入が非常に少なく、60%以上の給気量を計画的に取り込むことができるので、計画換気が有効に機能します。

C値=0.6cm2/m2のリパーロは、C値=2.0cm2/m2の大手プレハブ住宅に比べて換気ロスを約1/2に抑制できます。

外は自然換気、中は計画換気。

リパーロは、室内では計画換気、外壁と内壁の間に設けた通気層内では自然換気を採用しています。軒や基礎部分から入り込んだ温かい昼間の空気は、通気層内で生じる上昇気流を利用して、屋根の天頂部から排出されます。また、下から上へ向かう空気の流れが繰り返されることで、断熱材や構造体に溜まった熱や湿気も同時に排出されます。このような通気による自然換気と室内の計画換気が互いに独立して機能することが、快適高気密空間の実現には重要です。

コラム

高気密な住まいを活かす第一種換気

空気質を良質に保つには、計画的な換気が必須です。気密性が低く、隙間風の多い家は室温が変化しやすく、換気量にもムラが出やすくなります。高気密・高断熱性能に加え、第一種換気を備えたリパーロなら、空気の流れと量、温度をコントロールし、上質な空気環境を保ちます。

リパーロでは

全邸C値測定を行い、高気密住宅であることを確認しています。

C値(相当隙間面積)は、建物完成後に計測する気密性能の値です。リパーロでは、建物完成後に全邸C値測定を行い、C値=0.6cm2/m2以下であることを確認しています。

リパーロ実邸平均データ
C値=0.49cm2/m2 (最高数値:C値=0.26cm2/m2


ページトップへ