兵庫県(西宮・神戸・明石・加古川・姫路)を中心に、セキスイハイム山陽グループが創る外張断熱工法の木造デザイン住宅「リパーロ」。建築家による卓越したデザインと設計力で、お客様のライフスタイルに合わせた住まいをご提案します。

ホーム > 性能と品質 > 耐震性能I (高耐震部材)

永く安心して暮らすために

耐震性能I (高耐震部材)

部材の「強さ」を徹底検証。あらゆる角度から耐震性を高めます。

リパーロは、耐震性に優れた多種多様な部材を適材適所に配置することで、柔軟に耐震強度を高めることが可能です。また、敷地ごとに地盤を調査し、最適な基礎づくりを行っています。

パワーの結晶、エンジニアリングウッド。

安定した品質のエンジニアリングウッド(構造用集成材)を 使用しています

エンジニアリングウッドは、無垢材の不均一性からくる経年変化(割れ、ねじれ等)を抑えるため、欠点部位を取り除いた後、厚さ20mm~40mmのラミナにし、強力な接着剤で積層した構造用集成材です。その特徴として、①天然木材と比較して強度に優れている②強度のバラツキがなく信頼性が高い③含水率が管理しやすいので(15%以下)、反り・割れ・縮みが生じにくく品質が安定している④加工性が良く様々な形状にできるので、自由度の高いプランニングが可能、などが挙げられます。

有害物質(ホルムアルデヒド)を含まない安全な接着剤を使用しています

現在、エンジニアリングウッドに使用されている水性高分子イソシアネート系接着剤はホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆の認定品です。また、JAS規定の耐水試験(浸漬剥離試験、煮沸剥離試験、減圧加圧試験)をクリアし、高い耐久接着性能を有しています。

外力を「面」でしっかり受け止める、耐力面材。

壁面には、阪神・淡路大震災と同じ震度7にも耐える耐力面材「リパーロボード」を採用しています。力を面全体で受け止め分散させることで、変形や崩壊を防ぎ、万一の災害にも優れた強度を発揮します。

耐震実験で震度7をクリア

実大耐震実験の様子をこちらでご覧いただけます

独立行政法人防災科学技術研究所において、実物大の家屋を使った振動実験を実施。実験では、「筋交い工法」と「耐力面材」を施工した家屋に、阪神・淡路大震災と同じ振動を与えました。その結果、「耐力面材」は震度7という極大地震の強い揺れにも倒壊せず、実際の住宅に施工した場合にも、優れた耐震性を発揮することが証明されました。

最適な強度の耐力壁を使用。自由設計という利点を生かして、柔軟に耐震強度を高めます。

壁の強度は壁倍率で示されますが、強度の高い耐力壁を使えば耐震強度が高まるというわけではなく、それらをバランス良く配置することが重要です。リパーロでは、多彩な強度の耐力壁を使い分け、適材適所に配置することで、デザイン性を損なうことなく耐震強度を高めることが可能です。さらにプランによっては、部分的に鉄骨を使用するなど、素材にとらわれない柔軟な対応を行っています。

最高強度のベタ基礎を使用。大手鉄骨系住宅同等の強度で、建物の安定性を高めます。

建物の底部全面を板状の鉄筋コンクリートで支える「ベタ基礎」は、家の荷重を底面全体で受け止め、地盤やスラブに荷重を分散させます。その結果、建物を「線」で支える一般的な布基礎に比べ一部が沈んだり、傾いたりしにくく、不同沈下や液状化を起こしやすい土地でも被害を軽減する効果を期待できます。また、地面をコンクリートで覆うので、地面からの水蒸気や白蟻の侵入を防ぎます。

リパーロでは

敷地ごとに地盤調査・液状化判定を行い、強固な基礎を実現しています。

地盤調査、液状化判定を行っています。

建築トラブルの半数以上が地盤によるものと言われています。建物の耐震性がいくら高くても、基礎がいくら強固なものでも、地盤が弱いと不同沈下を起こし、家が傾いてしまいます。このようなトラブルを防ぐため、建築にとりかかる前にすべての敷地において地盤調査・液状化判定を行います。スウェーデン式サウンディング法による綿密な地盤調査により、その地盤にどれだけの地盤支持力があるのかを分析します。さらに、地盤調査の試験結果と地下水位の状況を基に、液状化の可能性を判定します。これらの結果に基づいて、一邸ごとに最適な基礎づくりを行います。

敷地に合わせて最適な地盤補強を行います。

地盤調査の結果、「敷地が軟弱地盤である」「液状化の可能性がある」と判断される場合は、地盤の性質に合わせて最適な方法で補強工事を行います。


ページトップへ