兵庫県(西宮・神戸・明石・加古川・姫路)を中心に、セキスイハイム山陽グループが創る外張断熱工法の木造デザイン住宅「リパーロ」。建築家による卓越したデザインと設計力で、お客様のライフスタイルに合わせた住まいをご提案します。

ホーム > リパーロとは > リパーロの家づくり:素材選びから家をつくる

リパーロの家づくり

素材選びから家をつくる

リパーロの家づくりは素材選びから始まると言っても過言ではありません。例えば、無垢材はなるべく手を加えずに素材そのままを生かしたデザインに。古材を使って時代を越えた存在感のあるデザインに。
床・壁・天井などの全ての内装材、外装材にこだわったオリジナリティー溢れるデザイン空間を実現します。

古レンガ壁

一般住宅の内装に古材を使うという発想。上海租界時代の街並みを表現した古レンガ「古窯磚(こようせん)」を用いた大壁は、タイル1つ1つの色や目地の入れ方、汚れ仕上げの微妙なニュアンスによって作り手の個性が表れます。

杉の天井

天井一面に張った杉の粗引き。なるべく手を加えず木の目や節の粗々しさをいかすことで、天然木の迫力と生命感を感じることができます。

塗り壁

独特の質感で部屋の雰囲気をつくる塗り壁です。廻り縁や巾木のない完成度の高い仕上げが特徴です。

無垢の床材

フローリングは自然な風合いや足触りの良い無垢床材。自然素材に囲まれた贅沢な安心感がくつろぎの空間を演出します。

竹・簾虫籠

わずか3~5年で資源として利用できなくなるようになる竹は、持続性能な社会を実現する上でまさに理想的な素材。ミラノ・サローネでも注目を浴びた、竹を1本1本手で裂いた北陸地方の伝統建具「簾虫籠(スムシコ)」がモダンアートを彷彿させます。(全体はこちら

アイアン

手摺りや取っ手、壁にかけたアートなど、部屋のポイントにアイアンを。無機質な素材を取り入れると柔らかすぎずシャープな印象になります。

床タイル・壁タイル

部屋の内部と外部に連続して同じタイルを使用することで、家と庭空間を一体のものとして表現しています。(壁タイルはこちら

和紙・銅板

水分に弱い和紙や錆びやすい銅板を水回りに使用する。一見、以外に思われがちですが、素材の特性や室内の環境にとらわれず、好きな素材を使用できるのも住性能の高いリパーロだからできる斬新さです。



ページトップへ